第17回 人柄の優しさと品格 〜 日頃の職場の疲れを癒やす 〜

   シンポジウム「少女ハイジに学ぶ自己形成」に、前回出演した皆様と一緒に、今回は、『平成29年度 日本民間放送連盟賞 特別表彰部門「放送と公共性」優秀賞受賞「患者からの“いのち”のメッセージの発信」“患者が主役”の企画理念と実績が評価される』と、謳われている「受賞パーテイー&特別番組」に、ラジオNIKKEIのスタジオに赴いた。ケーキを食べながらの楽しい一時であった。

  大人のラヂオ | ラジオNIKKEIwww.radionikkei.jp/otona/ に、出演した。第4週目の番組後半は、「樋野興夫のがん哲学学校」のコーナーが、放送されている。ラジオNIKKEIの番組「日曜患者学校」(http://www.radionikkei.jp/inochi/)のコンセプトを引き継ぎ、がん患者、及び、がん患者を支える人々、医療従事者が集い、「がん哲学学校」と題し、お互いが語りあい、学びあう場として放送しております。』と紹介されている。前回、『樋野先生 本日のヤフーニュースです。がん哲学外来が出てます。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00005100-bunshun-life』(文春オンライン;3回連載 と連絡を頂いたが、今回、2回目が掲載される。

  『ながれやま・がん哲学外来カフェ 1周年記念講演会  あなたは そこにいるだけで 価値のある存在 〜』(流山市生涯学習センターに於いて)で、講演『あなたは そこにいるだけで 価値のある存在』の機会が与えられた。多数の参加者で、会場は大変盛り上がった。大いに感動した。「先生のお人柄の優しさ 幸せな時間でした。」、「樋野先生のお話にほっとして、日頃の職場の疲れも癒されました」、「樋野先生の品格が滲み出て、素晴らしいひと時を経験させて頂きました。」、「主治医との対話についても、樋野先生から教えていただいている対話学を活かしていけたらいいなあと思っています。がんばりすぎない。悲しみすぎないを読みつつ、前を向いて歩いて行きたいと思います。」、「『あなたは そこにいるだけで 価値ある存在』(KADOKAWA)、『がんばりすぎない 悲しみすぎない』(講談社) 本も完売で、サインに長蛇の列でびっくりしました。」などの優しいコメントを頂いた。本当に、涙なくして語れない!



このブログの人気の投稿

第14回 「豪華サンドイッチ」〜NHKドラマ:新渡戸稲造の実現に向けて〜

第9回 菅野晴夫先生1周忌の宴 〜 お孫様への心の優しい言動 〜

第2回 『何があっても、いつ、どこにあっても なくてはならない人に おなりなさい』